壁面収納リフォーム術

クローゼット

衣類が多い人は壁面スタイルのクローゼットに。

収納したい衣類が多い場合には、タンスに比べて収納力が格段にアップする 壁面収納スタイルのクローゼットを作りましょう。 壁面収納スタイルのクローゼットは、単位面積あたりに収納できる衣類の 着数が多いので狭い面積でも効率よく収納可能です。 中に歩く面積が必要なウォークインスタイルのクローゼットにも似ていますが、 壁面スタイルのほうが効率的に収納することができます。 また全開口型の折れ戸を取り付ければひと目で中が見えますので、 洋服を選びやすくなります。 また収納だけではなく自由自在に機能を組み込むこともできます。 収納以外の機能を付加することで、限られた面積の中で様々な 場面に対応する多目的空間にすることができます。

耐熱テーブルを取り付ければアイロン台にも使えますし、 中にアイロンも収納できるようにしておけば普段は壁面でも、 開けばそこですぐにアイロンがけもできる、というような使い方もできます。 ライティングデスクのような折りたたみ式のテーブルを組み込めば、 パソコンコーナーや宿題コーナー、家事机にすることもできるでしょう。 既製のパーツを組み合わせて家具で作る方法、家具屋が造り付け家具で作る方法、 大工が木工事で作る方法などがありますので、家の形や生活スタイル、 予算に合わせて、高さや奥行き、デザインを考えて設置しましょう。 収納だけではない機能を自由自在に組み込む壁面収納は、 インテリアのアイデアとしても面白いものになるでしょう。 これらの壁面収納は壁面にしっかり固定して取り付け、扉を耐震ラッチ付きに すれば地震にも強くなるので安心です。